« つけ麺 柾木 | Main | テンバーガー銘柄② »

November 25, 2005

せたが屋 雲

今日も東京から名古屋へ帰る途中に品川にある「品達ラーメン」に行って帰宅。それにしても我ながら何しに東京に行っているのやら・・・

本日は「せたが屋 雲」とおよそラーメン屋とは思えないネーミングの店。なんでも激戦区「環七」を制した店らしくでスープは「ど野菜スープ」と言うのが売りのよう。

あっさりとこってりがあり「こってり」を注文。確かに所謂とんこつ系のこってりとは違う初めて飲んだ新しい感覚のスープであった。

さて、本日は「9514 ファーストエスコ」が最安値で349Kまで来て終値が353Kであった。今週月曜日に「今週中に350K割れの可能性も出てきた。」と書いたが本当に一瞬だが350K割れとなった。う~ん、実際には火曜日に「3371 ソフトクリエイト」を買ったがあのまま349Kでファーストエスコを指しておくべきだったのだろうか・・・

ちなみにソフトクリエイトは本日小幅上昇の@3210、購入が@3380なので17Kの含み損かぁ。知れていると言えば知れているが、やはり底打ちを確認してから買うべきだったかと少々反省。それでも公募@3500を下回った価格で購入なので割安のはずなんだけど。

本日の明材料は「2326 デジタルアーツ」が昨日に引き続き最高値更新となる597Kをつけ終値でも595Kと高値引け。来週はいよいよ600K台に挑戦となる、購入が昨年の12月初めに208Kだったので約1年で3倍近い上昇率。保有銘柄の中でも最高の優等生銘柄。

また「6664 オプトエトロニクス」も△300の@3620と久し振りに幅のある上昇。こちらは昨年末に@2240で購入し、4月には急騰し@5490と2倍以上となっていたが7月から右肩下がりでダラダラと下降線だった。それでもバーコード関連では圧倒的なシェアを誇り海外でも強いなど将来性も豊富と判断し、断然割安なので少なくても@7000まではホールドするつもりである。本日の急騰は野村證券が出所らしく

野村証券では投資判断を新規に「2」としており、買い材料視されているようだ、小型化で先行するバーコードリーダーのモジュールでの競争力を背景として、物流環境で使用されるハンディターミナルなどの拡販により、高い利益成長が予想されると。

と出ている。ホルダーにしてみたら何を今更という気もするが、優良銘柄の割にはここ数ヶ月放置されてきたので目立つことは悪くないが。

「4700 アクセス」もストップ高寸前の△49Kの上昇で468Kとなった。と言ってもまだ含み損だが、これを機に600Kへ早期復活を願っている。

暗材料は「3773 アドバンティストメディア」が行儀良くボックス圏の下方へ戻ってきた(>_<)。昨日あと少しで800K入りかというところまで行ったのだが・・・「4835 インデックス」も150Kまで戻ってしまった。やはり160Kで売りだったのだろうか。。。材料は豊富なんだけど、もはや(時価額等で)優等生すぎて少々の事ではサプライズとはならず上には反応しないのかぁ、もうこちらは東証一部に引っ越したほうが良いのかも・・・

|

« つけ麺 柾木 | Main | テンバーガー銘柄② »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「株」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92653/7318311

Listed below are links to weblogs that reference せたが屋 雲:

« つけ麺 柾木 | Main | テンバーガー銘柄② »