« 第二のソネット探し ① | Main | 第二のソネット探し ③ »

November 07, 2005

第二のソネット探し ②

ソネットM3の魅力は別名「医療界のヤフー」と呼ばれる等「Only One」企業であることかなと個人的に思っているんで。この「Only One」とは決して今時の風潮としての「言い訳」としての「No1でなくても自分は自分、Only Oneで良い」と言っているのでなく、他社(者)から決して追随されることなく独創的かつ独走的な意味での「Only One」って勝手に定義付けしております。

そう言えば最近の日本は一説では若者を中心に収入・生活水準などの「下流社会」化現象が起きており、特徴的なのが先程のように「Only One」の存在であれば良いと主張しているらしい。

SMAPが歌うのであの歌詞でもさまになるが、売れない歌手が歌っても説得力がないことにどうして気が付かないのかなぁ。あの歌詞は例えば歌手でも売上がNo1でなくても、常にライブが一杯とか特化する生き方もあるんだよって意味じゃないの?プロ野球で言うなら「記録に残らなくても、記憶に残る選手である」ということで決して「ブルペンでは調子が良いけどグランドでの投球はさっぱり」というブルペンエースでは「Only One」でないはず。決して負け組の言い訳を美辞麗句した言い回しじゃないはずなのに・・・

それで、どうやらそんな若者が「米国型強食国家」を狙う小泉自民党の「改革」という言葉に乗せられて先の総選挙で投票にまわったらしい。オイラは株が上がればそれはそれでも良いけど困るのは学歴もなくたいした企業に就職していない自分達若者であることに気付いているのだろうか。。。

てな訳で話が逸れていますが・・・

ここ半年ほどで上場した企業でダントツの独創的企業でないかなと思えるのが「3773 アドバンティスト・メディア」。

愛知万博で話題となった、まるで本物の案内嬢のような応答をするロボット案内嬢の音声認識システムはこの会社が開発したもの。現在は外科等の電子カルテの音声認識システムなど医療用に特化しているが、大株主がトヨタであることもあり将来は音声認識ナビへも進出?案件などそれこそ無尽蔵に出てきそうな会社。株価はと言うと公募160Kに対し公開日6/27の初値が700K。高値が7/5の1350Kで安値は9/30の640K、本日は△2Kの759Kとなっている。

最近は740~780の見事なボックス圏入り。普通に考えれば年末に向かって上放れしそうなんだけれど、株の世界は奥が深いんで・・・

とりあえず、昨日のファーストエスコが05年IPO&分割銘柄での筆頭購入候補なら、直近IPOで未分割銘柄ではこちらが最有力候補。

|

« 第二のソネット探し ① | Main | 第二のソネット探し ③ »

「株」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92653/6954272

Listed below are links to weblogs that reference 第二のソネット探し ②:

« 第二のソネット探し ① | Main | 第二のソネット探し ③ »