« Wアクセスとハマコー | Main | 27歳男性が20億円超もうけ »

December 15, 2005

四季報にライバルが

四季報を買おうと本屋に行ったら、ダイヤモンド社からも同様の「株データブック」が発売されていた。あまり時間がないので見慣れた四季報を買って帰ったが、ライバル出現のせいかかなり見易くなっていた。

特に今期と来期の予想PERも載っているので、いちいち計算しなくてもパッと一目で見えるようになった。やはり、ライバルが増えるということはサービス向上に繋がるようで。。。

さて、東証一部がここ数日低調だが、新興市場は予想通り活気を帯びてきた。

特に「3371 ソフトクリエイト」は△330の@3690と10%近い上昇率。昨日まで含み損銘柄だったが、おかげで9.2%の含み益銘柄へ転換!!

その他にも「2413 ソネットM3」が△40Kの599Kと7%以上の上昇。ここは二分割前に700Kで買ったので599K×2の1198Kと4ヶ月程で70%以上の上昇率。購入の2倍となる700Kもこのペースでいけば年内達成の可能性も出てきた。

デジタルアーツも△45Kの752Kと6%以上の上昇。怖くなる程の急展開で、800K超えが焦点となってきた。

キャリアデザインセンターは△21Kの386Kと5.8%の上昇。昨年の今頃からキャリアは急騰を演じたが、今年も再現となるか?

「4700 アクセス」は△27Kの527Kと5.4%の上昇で買値の541Kまであと一歩のところまで来た。一時は25%近い含み損となっていて暫くは難しいかと思っていただけに安堵。

いつの間にか大きい含み損銘柄となっていた「4564 オンコセラピーサイエンス」が△26Kの221Kと13%の上昇。それでも、買値が298Kなので25%の含み損となっているので、このペースでアクセスのように上がってくれれば・・・

ところで、どうやら今日はバイオ関連が強かった模様。

株式市場も東証一部の大型株から新興市場の小型株の個別テーマにシフトを移してきたのだろうか?

今年は新興の辛い時期が長かったが、ようやく活気を取り戻しつつある。このままのペースが続くことを祈っている。

|

« Wアクセスとハマコー | Main | 27歳男性が20億円超もうけ »

「株」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92653/7641975

Listed below are links to weblogs that reference 四季報にライバルが:

« Wアクセスとハマコー | Main | 27歳男性が20億円超もうけ »