« あみやき亭 | Main | 北野誠がマネックス批判 »

February 05, 2006

所得格差広がる

との世論調査結果が某全国紙に出ていました。

興味深かったのでメモ代わりにこのブログに記載しておくことに。

世論調査の結果の前に厚生労働省の調査によると、貯蓄残高ゼロの世帯割合は72年の3.2%が05年は23.8%に増加。何と四世帯のうち1世帯は貯蓄がない!!

今回の世論調査でも貯蓄ゼロが28%となっている。

                 ①    ②    ③    

300万円未満         19%   6%    45%

300~500万円未満    28%   26%   12%

500~750万円未満    22%   28%    7%

750~1000万円未満   14%   26%         8%

1000~1500万円未満   7%    7%        

1500~2000万円未満   2%    2%    9% 

2000万円以上       1%    2%    11%

①  1世帯当たりの年収  ②   希望世帯収入  ③  所有金融資産

(金融資産は1000万円~2000万円で9%、どの項目も合わせても100%になっていませんが・・・)

                                                                           年収の「満足」は750万円が分岐点で、それ以下では不満派が多かった。

「勝ち組」自認層は3%、「負け組」自認層は21%、どちらでもないが72%。

但し、世帯収入が500万円未満では3割前後が「負け組」、2000万円以上の層では15%が「勝ち組」と自認するという結果となっている。

株式投資は全体の11%が既に行なっており、「勝ち組」自認層は25%、「負け組」自認層が4%が株投資を行なっている。

街を見れば「レクサス」ブランドのカーディラーが目立つようになってきたし、高級レストランやデパートも人で溢れているが、こうやって結果を見ると貯蓄無し層が意外と多いなど格差は着実に広がってきているようですね。

カブログランキング参戦中!!良かったらクリックお願いします。

|

« あみやき亭 | Main | 北野誠がマネックス批判 »

「株」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92653/8519213

Listed below are links to weblogs that reference 所得格差広がる:

« あみやき亭 | Main | 北野誠がマネックス批判 »