« 薬王堂事業報告書到着 | Main | 千力 »

May 27, 2006

バイリーン決算

少々遅くなったが「3514 日本バイリーン」が5/18に決算発表を行なった。

それによると売上高は51,864百万円(前年比5.1%増)、営業利益3,110百万円(12.8%増)、経常利益4,007百万円(14.5%増)、純利益2,494(4.9%増)、1株あたり純利益は37.70円となった。

また、来期の業績予想として売上高54,000百万円、経常利益4,500百万円、純利益2800百万円、1株あたり予想純利益は43.12円となっている。

また、配当性向は25~30%となっており06年3月期の配当は@10となっており、5/26時点の株価@819で換算すると配当利回りは1.22%とまあまあ。

また、2006年度を初年度とする新中期3ヵ年計画を発表しており、それによると計画最終年度の08年3月期売上高61,000百万円、経常利益5,800百万円、純利益3,700百万円となっている。

この数値が実現すれば、08年3月期の1株あたり純利益は57円程となる。

となれば08年3月期の株価はPER20~22倍が妥当とすれば@1140~1250あたりが適正株価。

そう考えれば今の株価は割安であるし、次期配当金も早々と@12の予定となっていると公表している。

もっとも将来の事は分らないし、原油高、原材料価格高騰、競争の激化等リスク要因はあるが高品質・高機能不繊維の開発と日独合弁企業であるというグローバルで効率的なグループ経営により、成長と収益を追っている日本バイリーンには期待をしている。

カブログランキング参戦中!!クリックご協力お願いします。

|

« 薬王堂事業報告書到着 | Main | 千力 »

「株」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92653/10264503

Listed below are links to weblogs that reference バイリーン決算:

« 薬王堂事業報告書到着 | Main | 千力 »