« 山水画の旅〜8/19③ | Main | 山水画の旅~8/20① »

September 01, 2007

山水画の旅〜8/19④

少数民族ショーが終わってホテルに戻ったのが22:00頃。

早朝から歩き回っていたので疲れて就寝・・・とはならず、子供たちはさすがに疲れてホテルに残ったが大人は街を散策に。

当初は「桂林市土特産批発中心」という特産物を集めた店に行こうとタクシーに乗ったが、中国語が分からないので本で「桂林市土特産批発中心」を指差して向かった。

桂林は一方通行が多いので目的地前で下ろされ、「右に行けばある」ようなことをゼスチャーで言うので信じて行ったがどうも該当の建物がなく、どうやら「桂林市土特産批発中心」の上に記載されていた「桂林微笑堂」に向かったらしい。

ちなみにこの「微笑堂」は九州のスーパー「ニコニコ堂」が運営するデパート。別にここでも良いのだが残念ながら22:00で営業終了なので店に入れなかった。

このエリアは桂林の中心街であるので散歩がてらブラブラし、ホテルに戻ろうと思ったがイマイチ場所がよく分からない。

喉も渇いてお店で緑茶のペットボトルを買うが、日本に比べてあまり冷えていない。それはともかく一口飲んで何やら物凄い違和感。

よくペットボトルを見ると「低糖」の文字。そういえば何かで中国の緑茶は甘いと聞いたのを思い出した。

お茶と言うと中国が本場だが、まだまだペットボトルに関してはお茶は普及していない模様。まぁ、日本でさえお茶がペットボトルで普通に売られ、抵抗なく買うようになってから歴史が浅い。

こちらでは、お茶はやはり家で煎れ立てを飲むものなんだろうか。

桂林は亜熱帯に属し、緯度的には台湾と同じ位置にあるのでやはり夜であってもそこそこ暑い。もっとも、この頃の日本では40.9℃を記録していた頃なのでそのことを思えばましだが。

道に迷い商店の人にホテルを聞くが方向は教えてもらえば分かるけれど「How far from here?」や「How long does it take from here by walk?」といった初歩的な英語が通じない。。。タクシーが安いので(初乗り 7元、日本円で105円程)なのでタクシーに乗れば問題ないのだけど、近いのなら歩いても構わないのだけど。

結局、距離感がまったく分からないのでタクシーで戻ることに。結局初乗り料金で帰れたけれど。

桂林のタクシーは広東省と違い、運転席と後部座席に遮断する格子が入っていない。やはり国際観光都市だけあって凶悪犯罪は少ないのだろう。

実際街を歩いていても危険な雰囲気はないし、安全であった。また、道を尋ねても結構親切で、日本人だからといって睨まれるような事態はなかった。

ただ、平気で中国語で説明してくるのは参った。国際観光都市ならもう少し英語が通じても良いと思うのだけど。

なんとか深夜の0時ごろにホテルに戻ってようやく就寝。

|

« 山水画の旅〜8/19③ | Main | 山水画の旅~8/20① »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Hi there! This is kind of off topic but I need some guidance from an established blog. Is it tough to set up your own blog? I'm not very techincal but I can figure things out pretty quick. I'm thinking about making my own but I'm not sure where to start. Do you have any points or suggestions? Many thanks

Posted by: http://capcloudy39.newsvine.com/_news/2014/05/26/24017529-ways-to-stay-an-lively-and-healthier-daily | July 07, 2014 at 21:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92653/16298760

Listed below are links to weblogs that reference 山水画の旅〜8/19④:

« 山水画の旅〜8/19③ | Main | 山水画の旅~8/20① »