« フランス紀行~準備② | Main | フランス紀行~10/31② »

November 08, 2008

フランス紀行~10/31①

今回の旅行は自分の母親とニョーボの母親、叔母さんも含めた結構な人数となった。

10/31の7時に金山駅集合で7:22発の電車でセントレアに向かう。

セントレア発10:00のJL437便で一路パリへ、折角だからエールフランスで行きたいところだが残念ながらセントレアからの直行便はJALしかない。席はバラバラであったが幸い既に大半の人が手続きをしたせいなのか後ろの方であったので搭乗率は80~90%と大半の席が埋まっているのに関らず周りは若干空きがあったので席を替わって三列シートを二人で使ったのでゆったりだった。

13時間弱の長いフライトでしかも時差が8時間もあるのでなるべく寝ようとアルコールを多めに飲んでいたけれど結局あまり眠れなかった。

20年程前に卒業旅行でヨーロッパに1ヵ月程行った時は長いフライトが苦痛であったけれど機内エンターティメントが充実したのと、もしかしたらソ連崩壊の影響で若干飛行経路が変わって早くなったのか思ったほど苦痛ではなかった。

もうすくパリ到着という時になっても雲が分厚く景色も見れないまま着陸体制へ。雲の分厚さは半端でなく着陸寸前まで雲に覆われていてまったく景色が見れなかった。

現地到着は定時なら14:40であったが若干の遅れが出て15時過ぎとなった。着陸してもやたら大きい空港で実際にタラップから降りたのが15:15程度、入国審査等を終わってゲートを出てきたのが15:30頃であった。

この日は出来れば最初にJCBプラザに行って情報収集して、その後はモンブランで有名なアンジェりーナに行って22時まで開館しているルーブルに行こうと思っていたのだが、JCBプラザは17:30までなので17時までには着きたい。

となるとホテルを16:30頃には出発したいのだが、この時点で既に時間ギリギリ。案の定総勢30人のツアーなので遅れる人も出てきて全員が揃い空港を出発したのが16時となった。

30分程かかってホテルに着いたのだが、入ってびっくり。旅行会社からもらった日程表ではホテルはHOTEL INN FONTENAY SOU BOIS (旧ホリディイン GC フォント)となっていてHPで探したら旧名でヒットしたが、HPで見る限り激安ツアーなので覚悟していた程の安ホテルでもないし何よりもメトロでないにしても駅から50Mと至近距離で、この駅を通るRERのA線を使えば中心部のシャトレ・オペラ座・凱旋門へも一直線なので郊外であるものの案外便利と思ってホッとしたが、なんと改装中のホテルであったbearingpunch

まぁ、なんかからくりがあると思っていたから逆に安心したけれど可哀想なのは他のツアー客。まさか花のパリに来てこんな改装中のホテルに宿泊とは・・・と目がテンになっていたangry

ただ、最終日のチェックアウトが12時で帰りのバスの集合時間が13:45なのだが、荷物を預けるクロークなんかある訳がなく、その間荷物をどうするのということで話が紛糾して、結局後日回答になったのだが、こんなことで若干チェックインに時間がかかりホテルを出たのが17時過ぎとなった。

HPにあるように確かに駅は近くにあるので便利だが切符の買い方が分からなかった。今まで行った海外であまり切符を買うのに苦労しなかったが、日本の地下鉄等でチケット売り場に大きく出ている路線図もなにもなく、ここに行くのにいくらかかるということがパッと分からず、自動券売機の買い方も分かりずらいので仕方なしに窓口でチケットを購入、パリ市内まで一人2.2ユーロであった。

JCBプラザは諦めチュイルリーにあるサロン・ド・テのアンジェりーナに向かう。RER(高速郊外鉄道)は落書きだらけで汚く20年前の初めて乗った時の記憶が蘇ってきた。

三区間乗った「ガール ド リヨン」でメトロの1号線に乗り換えたけれど、やたら長い連絡路で途中に飲食やカバン・服などの店舗が並んでいた。

メトロはRERに比べると綺麗で快適、チュイルリーで降りてアンジェリーナに向かうが17:30頃であったが観光客等で長蛇の列。

ならば名物のモンブランをテイクアウトしようかと思ったが、店頭には既にモンブランは並んでいなく、しかも店員がいないので諦めてそのままルーブルに向かう。

地下鉄で1区間だが、地図で見るとせいぜい400m程なので重厚なコロニアル調の建物を横目に散策がてら向かった。

この辺かなと思ってリヴォリ通りを右に折れたら右手にカルーゼル凱旋門、左手にピラミッドが見えてきて、ようやくルーブルに到着。

Ts3b0039Ts3b0040Ts3b0041

|

« フランス紀行~準備② | Main | フランス紀行~10/31② »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92653/43039644

Listed below are links to weblogs that reference フランス紀行~10/31①:

« フランス紀行~準備② | Main | フランス紀行~10/31② »