« フランス紀行~10/31② | Main | フランス紀行~11/1② »

November 09, 2008

フランス紀行~11/1①

ホテルに戻ったのが深夜でシャワーを浴びて寝る体勢に入ったのが日付が変わった11/1の1時頃。

まる24時間以上殆ど起きていた訳だから当然眠たいはずなのだが、直ぐに寝つけず2時ごろまで起きていた。そして本来なら疲れてぐっすり寝るはずなのだが夜中にふと目覚めてしまった。真っ暗であったため深夜の3時か4時頃かと思ったら、まだ2時30分頃だった。

2日目はモンサンミッシェル観光でホテル出発が7:30と早いので寝過ごさない様に注意していたが、時差ぼけなのか結局そのまま朝が来てしまった。

朝食は6:30からで改装中のホテルであるゆえ、食堂なんか当然なくせいぜいシリアル(コーンフレーク)程度を予想していたが、意外とまともでフランスパン・クロワッサン等数種類のパンやハム・ソーセージ、オムレツ、フルーツ各種、ヨーグルト、コーヒー、紅茶、各種ジュースがあり思ったより美味しかった。これなら昨年の中国のホテルより中身は上かも知れない。

さて、7:30の集合時間になってもガイドが来ない、誰かがバスが来ているから乗ろうと言い出し乗ったのだが、車内には昨日と違う男性ガイド。

よくよく聞くと、このモンサンミッシェルのガイドを頼まれたのだが本来ならば添乗員がいてツアーを取り仕切り、ガイドはモンサンミッシェルの観光のみを案内するのが通常のルールらしく、昼食をどうするのか等一切決まっていない前代未聞のツアーであるとか。

それで、とりあえずガイドがモンサンミッシェル手前のレストランで15ユーロで食事を手配しようと思うけれど参加するかどうかは皆さんの判断に任せますということになった。

ガイド曰く、モンサンミッシェルは島内にある「ラ・メール・プラール」のオムレツが有名で旅行者の大半はこの店か島内・外のレストランにてオムレツを食べるのだろうが・・・

なんと80%以上の人が、このオムレツをイマイチと感じているらしいbearing

とは言うものの、やはりここまで来て食べないのも興がないので、オムレツは前菜として食べて別にメインを食べることを推奨していた。

折角の現地ガイドのアドバイスなので全員がそのレストランでそのように食事をすることになった。

7:30に出発したバスは約5時間かけてモンサンミッシェルまでひたすら走る。途中一箇所でトイレ休憩をしたのだが、女性トイレは他の日本人ツアー客もいて長蛇の列。20~30分ぐらいかかっていた。

5時間と言う超長距離なのだが、幸か不幸か昨晩はあまり眠れなかったので丁度良い睡眠時間となった。

そして高速道路から降りてぼんやりモンサンミッシェル見えてきた。

Ts3b0047 Ts3b0048 Ts3b0049 Ts3b0050

左から2番目があの有名なオムレツなのだが、一口食べてみると微かな塩味。

フ―ンと思って二口目はアレ?こんなん?って感じ。

三口目になるとガイドの言うとおりでこれをメインにしたらガッカリするところだった。ところでメインは魚かチキンの選択だったが、このチキンがボリュームもありパリッと焼けており結構美味しかった。

天気は生憎の雨であったが、昼食を取り終えた13時30分頃ようやくモンサンミッシェルに到着した。

|

« フランス紀行~10/31② | Main | フランス紀行~11/1② »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92653/43030213

Listed below are links to weblogs that reference フランス紀行~11/1①:

« フランス紀行~10/31② | Main | フランス紀行~11/1② »